山中と綾音

薄毛という不具合は、邦人男性にだけ生まれることではありません。世界ほとんどの国の性格に起こる不具合だ。また、男性に起こりがちであることは確実ものの、女性にも実は薄毛という不具合が現われることも近年ではめずらしくなくなってきました。

薄毛の取り分け、特に「AGA(男性型抜毛症)」という病気が、薄毛を気にするナショナリズムです邦人にとっては深刻な状況に陥っています。「男性型」とは言っても、こちらも断然妻の病人も増えてきています。

ただ、AGAにも各種顔ぶれがあって、その中でも、いわゆる「M言葉」と呼ばれる不具合は圧倒的に男性の人間に手広く表れ、また、邦人男性にはそれほど多い不具合であると言われています。

AGAの我が家「M言葉」と呼ばれる不具合は、いわゆる「剃り込み」のように、価格の表現の上端の生え際の点から近々浸食されるように薄毛が進んで出向く不具合だ。薄毛になった点が「M」の言葉のようになることからこのように呼ばれます。

見える原因はいくつかありますが、多くは個人差、個体ズレによってそのきっかけが異なっています。とはいえ、多くの事例に共通する原因は、しばらく特定することができます。

AGAを発症する組織には、「テストステロン」という男性ホルモンが凄まじく影響を与えています。これが「5α-リダクターゼ」という体内の酵素と反応するため、「DHT(ジヒドロテストステロン)」と呼ばれる物を生成します。こういうDHTが、AGAにとっては諸悪のもとと考えられている物だ。こういう物が増えてしまうことが、AGAを進めて仕舞う直接的な原因であると考えられています。

間接的には、ひときわ多いと考えられているきっかけが「遺伝」だ。家族など、近親ヤツにM言葉の薄毛を発症した経験がある個人がいると、己も同じM言葉の薄毛を発症する恐れが上がると考えられています。何より、母方の祖先が薄毛を発症していると、本人が薄毛を発症する率がとても高いとされます。

当然「ライフサイクル」がAGAの原因になるケースも指摘されています。食べ過ぎ、呑みすぎ、タバコ、眠り欠乏、ムーブメント欠乏など、ライフサイクルの悪化がAGAを招いてしまいます。

ライフサイクルのきっかけと分かるところがあるのが「葛藤」だ。精神的な難儀、大きな恐怖が継続的にかかってきている個人は、やはりAGAを発症するリスクが高いと考えられます。ただ、葛藤というのは何も精神的な点だけではありません。身体的な葛藤も流石考えられます。ですから、上記のようなライフサイクルの悪化によって、身体的な葛藤を溜めこみ、AGAを発症させてしまうことになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です