藤島の酒井

邦人男の多くが、どっちみちきっちりと合うレベルの割合で考え込むことになるのが「薄毛」だ。薄毛には、AGA(男バージョン抜け毛症)を基礎として、各種症状があります。そして、その症状ごとに素因が異なると考えられています。

また、薄毛には変わった呼び方が付されることが多いです。一般的な「M字」、「O字」、「A字」など、アルファベット1字で表現される薄毛がベースとなって、これらが混成、もしくは悪化した薄毛ほど、変わったタイトルで呼ばれることになるという印象があります。

たとえば、代表的なところでは「カッパはげ頭」、そして「落ち武者はげ頭」など、薄毛の症状がその冠からすぐにイメージできるということも珍しくありません。そして、そんな薄毛はざっと一律、「なんとも進行した薄毛」であることが考えられます。

そんな中でも、思い切り有名な階級に入ると思われるのが、いわゆる「バーコードはげ頭」だ。バーコードというと、あらゆる一品のカリキュラムに印字された一品の識別公開ですが、特有の縞フィーリングは、確かに派手ジャンルの特有のフィーリングであるといえます。そして、薄毛を発症している男の取り分け割り方行き渡るのが、こういう「バーコード」のような縞フィーリングが頭部アウトラインに描かれて掛かる薄毛だ。

ただ、こういう薄毛に関しては、勿論なんらかの動機があってそれが「バーコードのような薄毛」をもたらしているわけではありません。一般的に「A字バージョン」もしくは「U字バージョン」などと呼ばれる薄毛が進行し、前頭部から頭頂部、頭頂部から後頭部にかけてのヘアがトータル抜けてしまい、残る近辺を長く伸ばし、これを薄毛の部分に代用しようとした結果、バーコードのようなフィーリングが適うのです。

言わば、いわゆる「落ち武者はげ頭」の状態で、影響に垂れ下がった部分の髪を、頭頂部方面に持ってきたのが、バーコードはげ頭の正体だ。ですから、バーコードはげ頭の原因としては、断然「A字バージョン薄毛」や「U字バージョン薄毛」の素因とほぼ同じということになります。

では、こういう「A字バージョン薄毛」や「U字バージョン薄毛」の原因は色々いうと、こちらは、今度は「M字バージョン薄毛」、「O字バージョン薄毛」の混成バージョンの薄毛ということになりますので、「M字」、「O字」の素因を追究する必要があることになります。

大抵、薄毛の明確な原因はわかっていませんが、M字の場合は遺伝をはじめとする先天的な意義が、そしてO字の場合は、営みの不整などに角を轟かせる後天的な意義が考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です